インプラントの種類

重要なのはたった3つ
▽今一番人気のバストアップ方法▽


詳しく見てみる【特典付き】>>


今では豊胸手術は珍しくなくなっていますね。

個人的には反対派の私ですが、遺伝的なこともあり、胸の悩みを深く抱えている人には、最も即効的な方法と言えるでしょう。

使われるインプラントでは、「生理食塩水」、「シリコン」、「ソフトコヒーシブシリコン」、「バイオセル」、「ハイドロジェル」、「CMC」などが一般的です。

点滴や麻酔液を薄めたりと医療用として幅広く使われている生理食塩水は、術後にバッグが破損、中身が漏れ出すことがあっても、水分であるために体内に吸収され排出されるという高い安全性がありますが、仕上がりの満足度は低いようです。

比べて、シリコンバッグでは、触り心地など仕上がりに満足感が持てても、破損した時に漏れだすと危険が伴うことから、あまり選ばれなくなっているようです。

安全性が高く、仕上がりにも満足できるバッグとしては、ソフトコヒーシブシリコンであり、破損した場合もシリコンが漏れないとのこと。

バイオセルも同じく人気があるバッグで、自然な感じに仕上がり、感触もとてもいいそうです。

シリコンよりも少々固めな仕上がりになるハイドロジェルバッグは、中身が生理食塩水と多糖類なので、破損した場合の安全性が高いといえます。

ハイドロジェルの改良版であるCMCバッグの特徴は、ナチュラル感満載の感触ですね。

インプラントは、それぞれの特徴、金額、体質や体型のことも十分に考えて、医師との相談の上、決定されることをオススメします。

胸が小さくて悩む方の気持ちは深く考えています。
引き止めますが、ちゃんとしたバストアップ方法であれば自宅でもしっかりと効果を出すことも可能です。
その方法を知らずして極論の豊胸手術は少し早いのではないでしょうか。


 

期間限定で、まななんの『サイトでは書けない秘密のバストアップ方法』をメールでお送りしています。
>> 空メール送信 <<

 

▽今一番人気のバストアップ方法▽

>>バストアップ方法はコチラ<<

※ポチッとご協力お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ