胸の大きさは遺伝は関係する?

重要なのはたった3つ
▽今一番人気のバストアップ方法▽


詳しく見てみる【特典付き】>>

サプリメントやマッサージなど、バストアップのために様々な方法を試しているものの、なかなか思うように効果が表れないと悩む女性の中には、体格同様、「遺伝」が関係しているのではないかと感じている方も多いのではないでしょうか。

ただ、実際には、バストアップと遺伝では、直接的な関係はないと言われています。
とはいえ、女性が多い家族で、全員が共通してバストの悩みを抱えているということもあり得るでしょう。
では、遺伝以外に、どのような原因が考えられるのでしょうか。

大きな原因として、生活環境が考えられます。
バストサイズは、バストの9割を占めると言われている脂肪組織がどれほど増えるかということにかかっていますが、この脂肪組織は、乳腺組織が刺激を受けて発達状態であるかどうかにもよります。
この乳腺が、食生活や生活習慣などによって、十分な発達がされないことが多いのです。

一緒に生活している家族は、食習慣にも共通点が多いもの。
バストアップには欠かせないタンパク質や乳製品、大豆製品などが少なめであったり、バストアップに役立つ食材があまり使われていない食生活である可能性もあるでしょう。

また、生活習慣も同じように考えられますね。
ホルモンは、午後10時から午前2時の間に活発化すると言われていますが、夜更かしが多い家庭環境であれば、乳腺の発達も妨げられているはず。

バストサイズは、母娘、姉妹で大きな違いがあるケースも多数あります。
遺伝と諦めないで、まずは生活環境を見なおしてみましょう。


 

期間限定で、まななんの『サイトでは書けない秘密のバストアップ方法』をメールでお送りしています。
>> 空メール送信 <<

 

▽今一番人気のバストアップ方法▽

>>バストアップ方法はコチラ<<

※ポチッとご協力お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ