女性ホルモンの分泌量アップに効果的な『有効成分』

重要なのはたった3つ
▽今一番人気のバストアップ方法▽


詳しく見てみる【特典付き】>>

バストアップへと繋がる女性ホルモンの分泌量アップでは、その「有効成分」をハーブから摂取することも可能です。
今回は、バストアップに効果的なハーブをいくつかご紹介します。

プエラリア・ミリフィカ(ガオクルア)

マメ科で、熱帯から温帯に自生するハーブで、バストアップや美肌には特に、白いガオクルアが効果的と言われています。
含有する天然成分、デオキシエステロールの強さは、大豆イソフラボンの約1000倍近くと言われていて、エストロゲンの活性化に作用します。

マカ

根菜で、アブラナ科のハーブです。
南米ペルー、アンデス高原に自生し、ビタミンはもちろん、ミネラルやアミノ酸などの栄養素が豊富で、女性ホルモンのバランス、分泌に良い影響を与えます。

レッドクローバー

マメ科のハーブで、ヨーロッパ多年生植物、日本ではアカツメクサとして有名です。
大豆イソフラボンの10~20倍ものイソフラボンを含み、大豆イソフラボンより吸収率が高いことがポイントです。
また、がん予防における天然薬ハーブとしても使用されています。

チェストツリー

クマツヅラ科の落葉低木であり、ヨーロッパ南部~中央アジア原産、セイヨウニンジンボクとも呼ばれています。
ヨーロッパの民間療法では古来から用いられていますが、チェストツリーの有効成分が、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌促進に作用すると言われています。
プロゲステロンはエストロゲンと同じく、乳腺の発育促進に働きかけるので、バストアップには不可欠。

ブラックコホシュ

北アメリカ原産で、キンポウゲ科の多年草。
ネイティブアメリカンに古くから伝わる女性のハーブで、エストロゲンに似た成分が豊富に含まれていて、過剰なエストロゲンを抑制、不足には補うなどして、ホルモンバランス調整に効果的といわれています。

フェンネル

セリ科の多年草で、ウイキョウとも呼ばれています。
エストロゲンに似た働きを行うと言われています。

コロハ(フェヌグリーク)

豊胸ハーブとも呼ばれているコロハは、マメ科の一年草。
体内で女性ホルモンの一種であるプロゲステロンに変わる、ステロイド型サポニンが種皮に含まれています。
さらに、種子や種子を発芽させたスプラウトには、植物性女性ホルモンであるフィトエストロゲンを含んでいて、バストアップ効果を高めます。


 

期間限定で、まななんの『サイトでは書けない秘密のバストアップ方法』をメールでお送りしています。
>> 空メール送信 <<

 

▽今一番人気のバストアップ方法▽

>>バストアップ方法はコチラ<<

※ポチッとご協力お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ