胸の構造から知るバストアップ法

重要なのはたった3つ
▽今一番人気のバストアップ方法▽


詳しく見てみる【特典付き】>>

人によって大小様々なバストですが、バストの構造には、乳腺と脂肪に分けられます。

まず乳腺ですが、遺伝や生活習慣、女性ホルモンの分泌量などによって量が決まってきます。

遺伝的な要素に関しては、ご存知の通り、変えることはできませんね。

でも、生活習慣の変化によって、バストを大きくできる可能性は高くあります。

日本人女性のバストも、昔に比べると大きくなっているようですが、これは食生活や生活様式の西洋化も考えられます。

牛乳やチーズなどの動物性タンパク質の摂取量が増えたことによって、バストにも多大な影響が加わったといえるでしょう。

ただ、これは思春期辺りに限られることであり、ある程度の年齢になれば、残念ながらバストへの影響力は弱まってしまいますね。

さらに、女性ホルモンですが、素敵な恋愛をする、ホルモンを補充するという2つの要因が、分泌促進を高めるそうです。

とはいえ、ホルモン剤では、過剰摂取になると乳がんのリスクも高まるので、要注意。

やはり、素敵な恋愛をし続けることが一番ですね。

そして、脂肪ですが、様々な研究が行われているものの、胸の脂肪だけを増やすということは、当然ながらとても難しいものです。

オススメとしては、女性らしさを磨きながら、良い恋愛を楽しむ、というところでしょうか。

■『バストについての知恵袋』関連記事
産後のバストを維持するには早期ケアが大切|型崩れしてしまう前に美バストを守るマンモグラフィ胸による胸のための12のトリビア鳩胸=大きな胸ではありません。「胸郭の変形」であって自慢できない。バストの型崩れ防止に大切なクーパー靭帯胸が小さい女性として「利点」と「価値」バストアップの効果を左右する女性ホルモン


 

期間限定で、まななんの『サイトでは書けない秘密のバストアップ方法』をメールでお送りしています。
>> 空メール送信 <<

 

▽今一番人気のバストアップ方法▽

>>バストアップ方法はコチラ<<

※ポチッとご協力お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ