美バストを守るマンモグラフィ

重要なのはたった3つ
▽今一番人気のバストアップ方法▽


詳しく見てみる【特典付き】>>

「美バストの人は乳がんのリスクが高い」とよく言われますが、バストサイズと乳がん発症率は決して比例していません。
でも、乳腺の量と乳がん発症確率は比例していると言えます。

バストは乳腺と脂肪で構成されていますが、乳腺の量が豊富なほど、ハリがある美バストラインを作ります。
仰向けになった状態で、バスト全体が横に流れることなく、ハリのよいシェイプが維持されていれば、乳腺の量が多い美バストいうことになりますね。

乳がんの早期発見には、やはり定期的なマンモグラフィの受診がオススメです。
撮影による検査では、白く写る乳腺と黒く写る脂肪の比率をチェックし、白い部分が多ければ、乳がん発症確率が高いということになります。

様々な種類がある乳がんですが、年齢や体質などによって、進行速度にも個人差があります。
しかも、脂肪の量が多い人に比べて乳腺の量が多い人は、乳がん発症を早期発見しづらく、かなり進行している状態で発見となることも少なくはないようです。

乳腺の量が多いことだけが、美バストの条件ではありません。
乳がん発症の予防対策を定期的にしっかりと行うことも、美バストをキープしていく上で、とても重要です。

■『バストについての知恵袋』関連記事
産後のバストを維持するには早期ケアが大切|型崩れしてしまう前に胸による胸のための12のトリビア鳩胸=大きな胸ではありません。「胸郭の変形」であって自慢できない。バストの型崩れ防止に大切なクーパー靭帯胸が小さい女性として「利点」と「価値」胸の構造から知るバストアップ法バストアップの効果を左右する女性ホルモン


 

期間限定で、まななんの『サイトでは書けない秘密のバストアップ方法』をメールでお送りしています。
>> 空メール送信 <<

 

▽今一番人気のバストアップ方法▽

>>バストアップ方法はコチラ<<

※ポチッとご協力お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ