バストアップの効果を左右する女性ホルモン

重要なのはたった3つ
▽今一番人気のバストアップ方法▽


詳しく見てみる【特典付き】>>

ご存知の通り、女性ホルモンには、黄体ホルモンである「プロゲステロン」と、卵胞ホルモンである「エストロゲン」があります。

この2種類のホルモンがバランス良く分泌されてこそ、女性特有のメリハリのある体つきや、美的な健康を作り上げてくれるのです。

特に、排卵後から生理2週間くらい前に分泌量が増えるプロゲステロンは、子宮内膜を成熟させ、子宮筋肉の緊張を和らげ、体温上昇、メラニンの働きを活発化させます。

さらに、乳腺の発達にも影響を与えるホルモンなので、バストアップの効果を高めると言えるでしょう。

逆に、プロゲステロンの分泌量が少なくなると、生理不順や生理痛、妊娠をしづらくしたり、流産や早産の可能性を高めると言われています。

健康な女性の体をキープするためには、プロゲステロンの分泌促進を高める必要がありますが、サクラソウやチェストベリーなどのハーブや、サプリメント摂取など、多くの方法があります。

ただ、プロゲステロンの分泌量を増やすサプリメントなどの過剰摂取には気をつけなくてはいけません。

エストロゲンも、乳腺から乳頭へと続く管「乳管」の発育を促すという、バストアップに必要なホルモンではあるので、2種類の女性ホルモンをバランス良く分泌させることが重要です。

■『バストについての知恵袋』関連記事
産後のバストを維持するには早期ケアが大切|型崩れしてしまう前に美バストを守るマンモグラフィ胸による胸のための12のトリビア鳩胸=大きな胸ではありません。「胸郭の変形」であって自慢できない。バストの型崩れ防止に大切なクーパー靭帯胸が小さい女性として「利点」と「価値」胸の構造から知るバストアップ法


 

期間限定で、まななんの『サイトでは書けない秘密のバストアップ方法』をメールでお送りしています。
>> 空メール送信 <<

 

▽今一番人気のバストアップ方法▽

>>バストアップ方法はコチラ<<

※ポチッとご協力お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ